アーカイブ: 12月 2014

生きることの尊さ、世のためつくす【秋石様ご寄稿文転載】

2014年12月6日 at 5:14 PMCategory:2.皆様の声



[2014年11月25日 赤石 康氏]

2006年(平成18年)12月18日、仙台K総合病院で肝細胞がんと診断され、肝臓の右側3分の1を切除された。1934年(昭和9年)9月9日生まれで72歳だった。胆管の近くに直径4センチ程の腫瘍があり、胆管がんかも知れない。切開してみないと判定できないとのことだったが、幸いなことに原発性の肝細胞がんと判定。術後、主治医先生は「2分の1を切除しようと思ったが、肝細胞がんだったので3分の1にした。胆管がんの場合、再発すれば2回目の手術はできない。人間の臓器で再生するのは肝臓だけ。肝硬変、転移もない。抗がん剤は必要ない。3カ月ごとに血液検査とCT、エコーで経過観察していきましょう。少々の酒もいいですよ。長生きできますよ。」と元気づけて下さった。

...read more