Home > 「由井 修二」の体験記 > 寛解後、6年経過の診断結果

寛解後、6年経過の診断結果

2014年5月13日 at 1:53 PM No Comments

今年の定期検診の診断結果が出ました。2006年、いきなりの入院、緊急手術から8年半、幸いなる寛解診断を受けてから6年半ですが、結果は癌マーカー、CT検査の異常もなく、お陰さまで何とか順調に推移しております。ありがたいことです。

折角、延長してもらった命、と心に留めていたはずだったのですが。最近は少し心がけも緩みがちに。この人生隘路に陥ってにわか仕立てながら精神の置き方を学んでいたところでしたが、何とも情けないことかなと自責にかられております。改めて、この奇跡的な恵みで今日を迎えております有難みを大事にしなければと、思い新たにしている次第です。

折角のこの人生、只生きるのではもったいなく、この秋には定年を迎える身でもありますので、今後少し自由になる生活の中で何とかしなければなりません。 寛解後の6年は一つの節目と思っていましたので、少し特別な思いを込めたかったのですが、つい自省の弁になってしまいました。ともあれ、ありがたく今日を生きましょう!

コメントを残す