つぶやき広場

2010年10月4日

笑いが一番!

Filed under: 未分類 — admin @ 2:04 PM

「笑い」が病を治す?! 「心」と遺伝子の不思議な関係 ~筑波大学名誉教授 村上和夫先生は、“笑いの医療”について医学的に研究されておられますが、今や笑いは、科学的に証明された歴とした医療法ということなんですね。

ということでもありますので、ここはひとつ日本人の“無表情”から脱皮して、大いに笑いに勤しむとしようじゃありませんか?と、つい講釈で構えてしまうところに既に、一歩も二歩もというか到底、関西のおばちゃんに置いて行かれている感じがしますが。

ともあれ、最近趣味をやるのに何かと制限がある私が、この夏、ある人に促されて国立劇場の演芸場へ行きましたが、以来それがきっかけで何度か足を運んでいます。
国立劇場の歌舞伎や文楽なんてのは如何にも敷居が高そうですが、演芸場は落語、漫談、奇術など寄席でやる出し物ですから、私など大衆人には打ってつけで、この前も林家正蔵師匠が、「歌舞伎は、豪華なお着物でいらっしゃいますが、ここのお客さんはユニクロですから~」と言っておりましたが、その通り、普段着で気軽に行けます。その上はっきり言って、いつも席に余裕があります。(というか入りが半分以下だったりして。てなことで事業仕分の対象にならないことを願っていますが。)この平河町辺りは、昔、私が10数年勤めていた場所でもありますのでなじみのところではありますが、今迄はこちらの演芸場などとはとんと縁がありませんでしたが、改めて、こうして通うことになろうとは。もしちょっと行ってみようかなという方、この近所は特に日曜日は、全く閑散としたところで、人といえば最高裁判所の警備員が立っているだけの様なところですので、手ごろな食事処などは全くありません。演芸場に助六寿司とおむすび弁当ぐらいはありますが、予め弁当でも用意されて行かれた方がいいかと、念の為。
この10月上席は新作落語ものが中心ということなんでしょうか?ぜひ、お楽しみになってはいかがでしょうか?

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。

Powered by WordPress