つぶやき広場

2010年10月14日

若年層収入 女性が上回る!

Filed under: 未分類 — admin @ 1:34 PM

単身世帯を対象にした2009年総務省調査で、30歳未満の女性の可処分所得が月21万8100と男性を2600円上回り、初めて逆転した。

そうですか、当節、草食系男子、肉食系女子と言われていますが、まさに、女性が経済的にも男性を凌駕した。日本も女性の地位が高くなってもんだ、と思いきや、なかなかそういうことばかりでもないらしい。要は、男性の就業比率が高い製造業で雇用や賃金に調整圧力がかかる一方で、女性が多く働く医療・介護などの分野は就業機会も給与水準も上向きという産業構造の変化が背景にあるらしい、となると、あまり鷹揚に構えてはいられないのかもしれない。

ものづくりの現場の状況では、アップルのiPhoneを生産する台湾のEMS(電子機器受託生産サービス)会社の品質には、日本の技術者が驚いているとも。しかも、最新電子機器の生産は、先端設備の工場で自動化して作るので、そうなれば、生産拠点の条件は、人件費の安さでもなく、要は、為替、法人税、関税、規制といった、国の政策要件が大きく関わってくる。今、工場が、海外をめざす本質的な問題はその辺にあるらしい。

先週、韓国のビジネスマンと会話をしていて、韓国は、産業振興政策が大変活発ですねと話を向けると、確かに否定はしていないようでしたが、実はその陰で、中小企業とかは苦労しているようなことを聞かされた。確かに韓国政府が盛んに進めているFTAとかの裏腹には、日本がFTAを躊躇している、農業や国内産業の犠牲もあるらしい。なかなか、政策とは一筋縄ではいかないものか。

少し話を返して、女性の経済地位向上の裏の逸話として、ある外資系IT企業では、人事の登用優先順位は、能力が同一とすれば、マイノリティ、女性、白人男性が標準ということらしい。日本でも女性が優遇されて、どんどんマネージャに上がるので、これでは逆差別と、男子社員が嘆いているとか。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。

Powered by WordPress