つぶやき広場

2011年11月25日

「隠される原子力 核の真実」、驚愕の暴露

Filed under: 未分類 — admin @ 4:11 PM

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ「隠される原子力 核の真実」を読みました。

私は、原子力については、正直に言ってこれまではむしろ容認の意識が強かったと思います。尤も、一般的には、感情的な理想論を別にすれば、常識的にはそれが当然のあるべき見識として擦り込まれてきたように思います。しかし、これを読んで、見事に考えが全く一転してしまいました。今年の原発事故もあって、少し疑念が湧いていたところもありましたが、今回その疑念が確信になってきたように思います。

著述の端々に若干左傾的な箇所もありますので、少しその点が気にならないわけではありませんが、その辺を差し引いても、余り有るほどの真実の暴露があるように思われます。

核の無計画な開発によって、今や、日本、世界は、到底処分が不可能なほどの放射能廃棄物を貯め込んでいます。高速増殖炉がとんでもなく不可能なこと、プルサーマルが如何に危険性が高いか、それにも増して、放射線の人体への害が想定をはるかに超えるリスクを抱えていることか。

そして、原発運転による自然への影響として、原発から排出される温廃水は、流量毎秒70トン、多摩川の倍、利根川の半分ぐらいが、7度も高い状態で海へ流れ出す。クリーンどころか、真逆の海水温を上昇させる何と発電効率の悪いシステムなのか。

原発がなくても、火力、水力発電は、日本の電力需要を満たす能力を持っている。地球温暖化は、CO2排出の単純な問題ではない。全地球の複雑な自然の系サイクルの結果だという。

そして、この本の妙なのは、発刊が、今年ではなくて、去年12月だったこと。まさに福島事故を想定して書かれたのではないかとさえ思わせる、迫真さがあります。

それぞれ個別の説には異論もあると思われますが、一度、この著者の指摘に真摯に向かい合って、私たち自身も考え方を研鑽しなければならないものだと痛感します。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。

Powered by WordPress